04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

大地の芸術祭~前編~ 


遅れました。

先日十日町へ大地の芸術祭を見に行ってきたので、そのレポートでも書いていきましょうかな?

レポートは追記から

最初に行ったのは「光の館」という建物です。

CIMG6791.jpg

CIMG6760.jpg

CIMG6761.jpg

CIMG6762.jpg


2回が玄関になっていて入った時はお寺みたいな感じでした。

この建物の特長は天井が吹き抜けになっているところです。

下から見上げると天気のいい日は青空が望めます。


CIMG6770.jpg

CIMG6768.jpg


この日は天気も良かったので作品巡りには最高でした。

天井の真下に寝転がって見上げてみてくださいと言われたので、寝てみました。


CIMG6764.jpg


生憎この瞬間だけ暗雲が立ち込めていましたw

皆さん下に寝転がっている画がちょっと面白かったですw


CIMG6774.jpg


雨が降っても大丈夫なように屋根がついています。

屋根はゆっくりとスライドしながら閉まります。


CIMG6772.jpg

CIMG6773.jpg


屋根が完全に閉まると、天井にある間接光が部屋を淡く照らします。


CIMG6776.jpg

CIMG6777.jpg


とても綺麗でしたね。

光の館というくらいですからこれだけでは終わりません。

下の階に降りるとトイレと浴室がありました。

トイレは天井に間接光があり、手洗い場も淡い光で包まれていました。


CIMG6780.jpg

CIMG6781.jpg

CIMG6784.jpg


こんなところで用を足したら何か落ち着きますね。逆に落ち着かないかな?w


CIMG6782.jpg


浴室です。

この光の館、宿泊施設にもなっていて泊まることもできます。

その際に見られるそうですが、浴室の仕掛けは湯船につかると体が光に包まれるような光景が見られるそうです。

それもすごく見てみたかったのですが、ちょっと無理でした。

光の施しも素晴らしかったですが、建物の作りや景色も良かったです。


CIMG6779.jpg

CIMG6785.jpg

CIMG6789.jpg



十日町は豪雪地帯なので、雪が積もっても入れるように高床式で玄関が2階にあるそうですよ。

なるほどねぇ。


この日はホントにいい天気でした。


CIMG6792.jpg

CIMG6793.jpg

CIMG6794.jpg



次はこんな小屋。穴が見えますがそこから向こうの景色が良く見えそうです。


CIMG6797.jpg

CIMG6795.jpg


入って景色を撮影。


CIMG6808.jpg


う~ん。やっぱりいい天気w

中はちょっと手狭な感じ。入る途中で頭をぶつけました。


CIMG6810.jpg



その次はこの地上絵。


CIMG6798.jpg

CIMG6800.jpg

CIMG6801.jpg

CIMG6799.jpg


宇宙へ向けてのメッセージだそうです。一体これを見た宇宙人はどう解釈するんでしょうか?


「わたしはここにいる」


さて次ですが、なんだか風車がたくさんありますよ。


CIMG6811.jpg

CIMG6813.jpg

CIMG6814.jpg

CIMG6815.jpg

CIMG6831.jpg


風車の道です。

奥へ奥へと進んでいくと、溜池のようなものがありました。


CIMG6818.jpg

CIMG6819.jpg

CIMG6821.jpg

CIMG6823.jpg



その上には等間隔で並んだ風車が。

水面には上の景色が映ってまた何とも言えない感じでしたね。

一つ言うなら池の透明感というか色がもう少し澄んでいれば良かったかなと思いました。


続いて車で険しい山道を乗り越えたところまで来ました。


CIMG6832.jpg


ここはいい景色ですね。


歩いているとまたもや池が。

対岸に何か赤い作品のようなものが。


CIMG6834.jpg

CIMG6836.jpg

CIMG6837.jpg


でも近くに作品名が書かれた看板はなかったので、きっと3年前かの芸術祭の名残なのかな?と思いました。

そのすぐ近くには作品でもあるコテージが。

CIMG6838.jpg

CIMG6840.jpg

CIMG6851.jpg

CIMG6846.jpg


BとCを見ましたがAは遠かったので今回はパス。

コテージなので宿泊することもできます。芸術作品に宿泊なんていいですよね。

コテージといえば木造ですがなかなかスタイリッシュですね。ビフォーアフターみたいw


ここから少し歩いたところにはこんな作品。


CIMG6848.jpg

CIMG6847.jpg


五本の指のようですが中指には月がついていますね。これは一体何を表しているのでしょうか。


何回も言いますが本当にいい天気ですw


CIMG6852.jpg

CIMG6854.jpg


夏なので当然のように暑いです。常に歩き回っているのでものすごい汗。ハンカチまでびしょ濡れ。


そして今度は下山途中で作品発見。


CIMG6857.jpg

CIMG6858.jpg


「森の番人」ということですが、何やらシマウマのような柄にMのような字に見えますね。


CIMG6859.jpg

CIMG6860.jpg

CIMG6861.jpg



森の中のマクドナルドかと思いました。


さっきから感想が子供みたいで申し訳ないです。子供のような好奇心があると思えば救いです。


次はこの時空という作品。

CIMG6866.jpg

CIMG6864.jpg

CIMG6862.jpg

CIMG6863.jpg


鋼板が幾つか折り重なっています。説明を見ると年月をかけて変化していくそのままの姿が作品として表されるようですね。

天気の良さと相まってカメラの映りもいいです。


そのすぐ後ろにある作品。


CIMG6867.jpg

CIMG6868.jpg

CIMG6870.jpg

CIMG6871.jpg

CIMG6873.jpg


説明を見ると、何とも深い内容の作品です。

童話の世界ような外観ですが、ウサギの像には様々な社会問題のキーワードが浮き彫りになっていました。


CIMG6875.jpg

CIMG6876.jpg

CIMG6877.jpg


自然は大切にしないといけません。さもないとしっぺ返しを食らうのは人間なのですから。


以上の二つの作品は公園の一角に位置していたのですが、作品を見ている最中ずっと遠くの方から軽快なリズムが鳴り響いていました。

音の出どころへ行ってみると、それも作品でした。

こんな大きな作品?建物?何と言ったらいいのやら。


CIMG6878.jpg

妹のウヒョが見事に邪魔をする。


CIMG6889.jpg


中に入ると軽快なリズムがより一層強く聞こえます。中に入った最初の印象は、何かどこかの民族の住処みたいだなと思いました。

CIMG6879.jpg

CIMG6880.jpg

CIMG6881.jpg


中央に水を張った鏡張りの入れ物があり、そこに光が反射して壁に虹色の光として映されていました。


CIMG6883.jpg

CIMG6884.jpg

CIMG6885.jpg

CIMG6886.jpg


太陽光の性質をうまく利用した作品でした。音楽も流れててライブ会場みたいでした。


とまぁ1日目はこのくらいで切り上げました。昼食を食べにね。

その後母親の実家へ。

いろいろ歩き回ったので、疲れてそのまま夜まで眠ってしまいました。


ここの家のおじさんがすごく料理上手で、来るたびに豪華な料理を作ってくれるのですがこの日も


CIMG6891.jpg

CIMG6892.jpg

CIMG6893.jpg


こんな美味しそうなものが!

餃子なんて餃子の王将並でした。もしくはそれ以上。


とりあえず2日目はまた今度。今回はこのくらいで。


雑魚でしたノシ

[edit]

« 大地の芸術祭~後編~  |  広告殺し~アドヴァタイジングブレイカー~ »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pszako.blog73.fc2.com/tb.php/182-85fba517
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

スポンサードリンク

地球の名言

カテゴリ

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ